22代 柴  光夫  S.59.4 〜 S.62.3
23代 中野  斐  S.62.4 〜 H. 元.3
24代 遮那 喜壽  H.元.4 〜 H. 3.3
25代 幸田  茂  H. 3.4 〜 H. 6.3
26代 湯本 良師  H. 6.4 〜 H. 8.3
27代 瀬尾 京子  H. 8.4 〜 H.10.3
28代 國府田 晋  H.10.4 〜 H.12.3
29代 宮本 一志  H.12.4 〜 H.14.3
30代 武井  守   H.14.4 〜 H17.3
31代 竹内 由行  H17.4 〜 H19.3
32代 早乙女 薫  H19.4 〜 H22.3
33代 佐野 功一  H22.4 〜 H25.3
34代 谷澤 裕彦  H25.4 〜 H27.4
35代 齊藤 修一  H27.4 〜
 9代 倉持長二郎 S.22.4 〜 S.24.3
10代 吉田  正  S.24.4 〜 S.27.3
11代 中村栄四郎 S.27.4 〜 S.29.3
12代 大島 武男  S.29.4 〜 S.32.3
13代 上野  進  S.32.4 〜 S.34.3
14代 飯塚  清  S.34.4 〜 S.37.3
15代 鈴木  義  S.37.4 〜 S.40.3
16代 入江  関  S.40.4 〜 S.47.3
17代 上野  周  S.47.4 〜 S.49.8
18代 佐藤  満  S.49.9 〜 S.52.3
19代 関内 正敏  S.52.4 〜 S.55.3
20代 木村源一郎 S.55.4 〜 S.57.3
21代 大山  茂  S.57.4 〜 S.59.3
 本校は,大宝元年(701年)に創建された大宝八幡宮の鳥居の内がわにあり,農村地域であり,大半が兼業農家である。その昔,騰波の淡海や大宝沼と いわれた辺り一帯に広々とした 田が広がり,緑豊かで自然環境にめぐまれているといえる。しかし,子どもたちはテレビや雑誌・ゲ−ム機などの間接体 験ばかりが増え,外遊びの自然体験や異年令の者とのふれあいは少なくなる一方である。
 本校児童の傾向としては,道徳性の検査や教師及び保護者の意識調査をみると,素直で人なつこく動植物をかわい がるというよい面がみられる反面,創意工夫しねばり強く取り組む気力に乏しく,自主性に欠けるという傾向がある。

本校の沿革    

T  学 校 概 要

1 学校所在地   茨城県下妻市大字大宝625番地
                 電話  0296−43−5887

2 学 校 名    下妻市立大宝小学校

3 学校長氏名   谷澤 裕彦

4 学区内地域の概要









5 学校の沿革
  明治 7年 2月22日 初めて大字福田新田に仮校舎を設けて福田小学校と称する
  明治 8年 3月    大字大宝放光院に移し大宝小学校と改称
  明治10年 4月    大串,堀籠,坂井,比毛等の大字を分離して堀籠に小学校を置く
  明治19年11月15日 堀籠,数須の2校を合併して大宝尋常小学校と改称(創立記念日)
  明治22年       堀籠,数須の2校を分離する
  明治41年       農業補習学校を付設する
  大正元年10月    堀籠尋常小学校を合併して分教場とする
  大正14年 4月    高等科を設置する
  昭和 7年 6月    文部省より大宝小学校校歌として認められる(現校歌)
  昭和16年 4月    大宝国民学校と改称
  昭和29年 6月    市政施行により下妻市立大宝小学校となる
  昭和37年 3月    旧中学校校舎を移転し2教室増設
  昭和40年 4月    NETより放送教育実験校に委嘱される
  昭和41年 4月    NHKより放送教育実験校に委嘱される
  昭和42年 4月    完全給食を開始する
  昭和43年 8月    プ−ル竣工する
  昭和47年 3月    鉄骨製体育用具置場建築(33平方メ−トル)
  昭和47年 3月    校地の南西部を借地し(160a)南通用門を設置する
  昭和47年 4月    幼稚園を併設する
  昭和53年 7月    東側崖くずれ甚だしいため土抱え工事実施(1期,7期)
  昭和53年 3月26日 学校改築(永久校舎建築)起工式
  昭和54年 3月 5日 永久校舎竣工
  昭和57年 3月27日 屋内運動場竣工
  昭和57年 4月     下妻市教育委員会から学習指導研究校(国語)に指定される
  昭和57年 7月26日 プ−ル竣工する(位置を変更して新設する)
  昭和59年 3月31日 堀籠分校を廃止し,吸収統合する
  昭和59年 4月 日  県教委から下妻養護学校との交流教育推進校に指定される
  昭和60年11月12日 県西ブロック音楽教育研究会の会場校として授業公開する
  昭和61年 1月     運動場の改修工事実施
  昭和62年 4月     下妻市教育委員会から研究校に指定される(2年間)
                   研究テ−マ[個性と創造性をのばす指導のあり方」
  昭和62年11月12日 統計グラフコンク−ル優良校として知事賞を受ける
  昭和62年11月13日 日本PTA全国協議会長より優良PTAとして表彰を受ける
  昭和63年10月26日 下妻市教育委員会指定完結発表会(算数,図工,特活)
                 研究テ−マ「個性と創造性をのばす指導のあり方」
  平成元年 4月 1日  道徳教育推進校(学校・家庭連絡推進校)として3年間の指定を受ける
                研究テ−マ「感動する体験を通して,進んで実践する心を育てる道徳教育」
  平成 2年 3月17日  読売新聞社主催図画コンク−ルで学校奨励賞を受賞
  平成 2年 9月 1日  生活科「すぎの子ランド」の設置
  平成 2年10月26日  道徳推進校中間発表
  平成 3年 5月23日  飼育小屋の設置
  平成 3年10月24日  文部省指定道徳教育推進校完結発表会
  平成 3年11月23日  県芸術祭小学校合唱合奏大会で優秀賞を受賞
  平成 3年11月24日  日本標準教育賞学校賞を受賞する(9年連続)
  平成 4年 3月 5日   コンピュ−タ導入
  平成 4年 7月 7日   「小平賞」(50万円)を受賞,ビデオデッキを全学級に購入
  平成 5年 4月 1日   県教育研究会より美術教育研究協力校として2年間の指定を受ける
  平成 5年11月16日  空缶モニュメントで県知事賞を受賞
  平成 6年10月26日  県教育研究会美術教育研究協力校発表会
  平成 7年11月 7日   県統計グラフコンク−ルで優秀校賞を受賞
  平成 8年 4月 1日   ボランティア活動普及事業協力校として県及び市より指定される
  平成 9年 4月 1日   下妻市教育研究会から2ヵ年の研究校に指定される
                  研究テ−マ「自ら課題を見つけ,主体的に取り組む児童の育成」
                   ──地域の素材・人材を活用して ──
  平成10年10月19日  県主催花と緑の環境美化コンク−ル優良賞受賞
  平成10年10月27日  下妻市教育委員会指定研究発表会
  平成11年 2月17日   県教育研究会主催教育論文優良賞受賞
  平成11年 4月       県教育委員会より研究推進校の指定を受ける
                   新しい時代を拓く学校教育支援事業
                    ──地域と学校とのパ−トナ−シップの推進 ──
  平成13年 4月 1日   下妻市教育委員会研究推進校の指定を受ける。(2年間)
                   研究テーマ「基礎・基本を身に付ける国語学習の在り方」
                   ── 話す力・聞く力の育成に重点をおいて── 
  平成14年 4月 1日   情緒障害学級開設
  平成14年10月30日   下妻市教育委員会研究推進校研究発表会
                   研究テーマ「基礎・基本を身に付ける国語学習の在り方」
                   ── 話す力・聞く力の育成に重点をおいて── 
  平成15年 4月 1日   評価の工夫改善に関する総合的推進地域(国立教育政策研究所)研究推進校
                に指定される。
  平成15年10月16日   茨城県教育研究会生活科教育研究部県西ブロック生活科授業研究会
                  ── 身近な環境とのかかわりを広げ,生き生きと活動する児童の育成──
  平成16年4月1日   下妻市教育委員会研究指定 算数科
  平成17年11月18日  下妻市教育委員会研究推進校研究発表
                     「基礎・基本の確実な定着を目指す算数科学習指導のあり方」
  平成18年4月1日   下妻市教育委員会研究推進校の指定を受ける。(食育)
  平成19年10月23日 下妻市教育委員会研究推進校研究発表(食育)
  平成20年1月31日   茨城県健康教育推進学校優秀校受賞
                茨城県学校安全優良校
  平成21年1月31日   茨城県統計グラフ学校優秀賞受賞
  平成21年2月13日   茨城県体力つくり優秀賞受賞(3年連続)
  平成23年4月1日   下妻市教育委員会研究推進校の指定を受ける。(国語)
  平成24年10月23日  下妻市教育委員会研究推進校発表
                 「一人ひとりが主体的に学び「読むこと」の力を高める国語科学習指導の在り方」
  平成24年10月     教室棟の耐震補強工事が完了



6 歴代校長 (六・三制度実施後)